LCC(Low Cost Carrier)とは従来航空会社で行われていたサービスを簡略化することで、より効率的に飛行機の低価格運行を実現化したシステムのこと。

今、LCCの国内格安航空券によって空旅はこれまでよりも一層お手軽なものになっているんです。

航空券のイメージ イラスト

LCCが低価格のワケ

LCCの多くでは余計な荷物を積まないことで効率化をはかっています。つまり、通常なら無料で受けられる機内サービスや手荷物預かりに別途料金がかかる場合が多いのです。

また、マイレージがたまらない、フライトキャンセル時は保証がないなど、低価格なりにデメリットは少なくありません。座席も、自由席だったり事前指定が不可能な場合も……。

なんで人気があるの?

長々とデメリットばかりを挙げましたが、LCCの最大の魅力はこれらデメリットを補って余りある低価格。一般的な航空チケットと比べると、通常でも2割から5割ほども安く、セールの際はさらに割り引かれることもあるそうです。

基本的に片道でチケットが発行されるため、座席に空きさえあれば電車の切符ような気軽さで購入できるのも嬉しいところですよね。

オススメの利用シーンは?

国内出張などの手荷物が少ない場合はもちろんですが、実は海外旅行にもオススメです。手荷物が多いと余計なお金がかかるのでは? と思うかもしれませんが、ものによってはそれでも通常より割安に済むことも。

移動距離が長いとサービスが充実していても結局寝てしまって起きたら空港、ということもありますよね。だったら、お弁当とお気に入りの音楽と、ひざかけを持ち込むだけでも十分。

もちろん浮いたお金は観光に使えます。

目的に併せて活用したい格安航空券

LCCには新規参入会社が多く、地方空港へのアクセスしやすさや個性あふれるサービスを売りにしているところもあります。これらのサービスから自分に最適のものを選び、活用してみてはいかがでしょうか。

最近は国内だけではなく海外旅行の際にも格安航空券を利用できるようになっている

移動時間こそ直行便で12時間半かかりますが、オフシーズンであればLCCの格安航空券を利用することで2万円以下で行くことも出来てしまうんです。

今回はさまざまな物語の舞台となったロンドンの物語ファンの『聖地』スポットをピックアップしてご紹介したいと思います。

抄録=格安な航空券 http://www.soratabi.com/

鞄を引きながら空港内を移動する旅行客

ベーカーストリート221b番地

もしかしたらこの名前を聞いただけでもピンとくる方も居るのではないでしょうか。小説のなかでシャーロック・ホームズと相棒のワトソンが暮らす家があるとされている場所です。

実は、かつてベーカーストリートは85番地までしかなかったのだとか。でも後に道が延長され、この住所が生まれてホームズファンの聖地となっています。

駅前には銅像、博物館もあり、ファンなら外せない場所です。

セントポール大聖堂

ホグワーツ魔法学園の階段のロケ地となった、螺旋階段がある大聖堂です。残念ながら内部の写真撮影は全面的に禁止ですが、荘厳な大聖堂内はファンでなくても必見の美しさ。

訪れて、ハリーポッターになった気分で歩いてみてはいかがでしょうか。

ジュビリーガーデンズ

こちらはアニメ『けいおん!』の劇場版で、ヒロイン5人が屋外ライブを繰り広げた広場。広場とはいえ大道芸人や休日を楽しむ人々が集う、とても賑やかで穏やかな場所です。

ヒロインたちが乗った大観覧車『ロンドンアイ』も間近に眺められ、一石二鳥の聖地なのではないでしょうか。

狙い目はオフシーズン

オンシーズンは暖かく賑やかで楽しいですが、静かに観光地を楽しみたいならオフシーズンこそ狙い目だったりします。早期割引や格安航空券のセールを活用すれば、航空券だけなら国内旅行と大差ないお値段で行けてしまうことも。

海外旅行も意外と気軽に楽しめる今、大好きな物語の聖地を実際に訪れてみるのも良いのではないでしょうか。